提供される社会活動

自然環境活動 優れたCO2吸収力をもつモリンガの栽培を通した地球温暖化対策
無農薬栽培による間接的CO2削減と海洋プラスティック問題対策
持続可能な水産環境保護漁業MSCの取組
健康活動 モリンガの栄養バランス・高栄養価・薬効などによる健康維持
飢餓や栄養不足の人々への食糧支援
地域産業 耕作放棄地利用・福祉サービス事業者の就労支援
自給率の向上と持続的環境活動による地域産業の活性化
その他付帯する活動 「美しい瀬戸内海」「モリンガ+自然微生物による無農薬栽培県」

プロジェクト活動の目標

モリンガ植樹本数 100万本(CO2吸収量換算=1億6千万kg/累計)
栽培面積 70万m2/必要に応じて海外も含む
目標年度 2030年12月(9年間)
利用方法 モリンガ6次化加工製品の開発製造販売、海外食糧支援
植樹目標 2030年 100万本
寄付金目標額 第1期 10,000千円
栽培地 原則耕作放棄地を優先して活用
寄付会員 就農事業者・一般企業・個人
協賛 大学・行政

モリンガ環境プロジェクト会員の募集

入会費|無料
寄付金|有 (一人あたりCO2排出量を基本/金額により返礼品有り)

会員申込に当り下記の「モリンガ環境プロジェクト」の「概要1〜6」「会員規約」を確認了承して頂きメールにて入会申込をしてください。後ほどお申込頂いた方に入会申込書を送り返信して頂き入会完了となります。

※会員規約はこちらから→(PDF)
※事業の目的と意義はこちらから→(PDF)

個人会員入会のお問い合わせはこちらから→

岡山県産モリンガの本格栽培開始
いよいよ岡山発「岡山県産のモリンガ」の栽培の事業化に成功しました。
写真はR3年8月25日のモリンガの収穫風景です。
自然、環境、健康、SDGsにモリンガが果たす高い力を活かすと共に地域農業の
活性化に向け今後このモリンガの活動を岡山県で広めていきたいと思っています。
収穫をお手伝いして頂いた方々は地元学生、就労継続支援A型事業所の方々です。

「モリンガ環境プロジェクト」の立ち上げ
栽培の本格化にあたり、モリンガの力を生かし
”自然を守り地球を守ろう“をテーマに「モリンガCO2環境プロジェクト」を立上げました。
地球温暖化、カーボンゼロを目指したSDGsの小さな一歩です。
モリンガの栽培と合わせその収穫物を製品化した
LA NATUREのモリンガ製品もCO2プロジェクトの一環です。
皆さんの利用はご自身の健康を支えるだけでなく
CO2環境プロジェクトを進める原動力にもなっています。

LA NATURE /ヒューマンヘルスアカデミー研究所
代表 清水芳雄

PAGE TOP